育毛に大事な合言葉「孫は優しい」とは?

・育毛を考えるときにも大切な「孫は優しい」の考え方

栄養学の考え方の中で、「孫は優しい」というキーワードがあります。この「まごわやさしい」という言葉をそれぞれ頭文字にする食材を毎日の生活の中で摂取するようにすると、結果的に健康にとって理想的な栄養摂取が行われていることになるというものになります。ヤンキースで活躍した松井秀喜選手もこの「まごわやさしい」の考え方を取り入れて日々の食生活を考えていたといわれています。ところで、この「まごわやさしい」という考え方ですが、AGAが原因となって発生している抜け毛症状を改善するために効果のある食生活を実現するためにも取り入れたい考え方であるといわれています。
この「まごわやさしい」についてですが、「ま」というのは大豆のような豆類、「ご」はゴマ、「わ」はわかめを代表とする海藻類、「や」というのは野菜、「さ」というのは魚類、「し」というのはしいたけをはじめとするきのこ類、「い」はイモ類のことを指すといわれています。

・「孫は優しい」の考え方の中でも特に意識したいのは「ま」、「や」、「さ」

さて、上記で説明した「まごわやさしい」という食材についてですが、これらの食材の中でも特に重視したいのは「ま」、「や」、「さ」、つまり豆類・野菜・魚類になります。その理由は、これらの食材にはAGAによる抜け毛症状の改善を考えるために摂取することが推奨される「イソフラボン」、「ビタミン」、「亜鉛」といった栄養素が含まれているためです。これらの栄養素に関しては市販されている育毛用のサプリメントやAGAクリニックで処方されるサプリメントにも含まれていることが多く、AGAによる抜け毛症状を改善したいのであれば、必須で摂取するべき栄養素になります。
まずは大豆に多く含まれているイソフラボンです。このイソフラボンという栄養素は女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをすることで知られています。AGAによって発生する抜け毛症状の原因は男性ホルモンの働きが活発化することであるといわれています。したがって、このイソフラボンを摂取することは男性ホルモンの働きを抑えるうえでも非常に有効であるといわれています。AGA治療を専門で行うAGAクリニックにおいても男性ホルモンの働きを抑える育毛剤はほとんど確実に処方される育毛剤となっており、その点からも男性ホルモンの働きを抑えるということがAGAによる抜け毛症状の改善を考えた時に非常に大切であることが分かります。
また、髪の毛を作るもととなる栄養素をしっかりと摂取することも育毛を考えたうえでは非常に大切なことになってきます。いくら育毛剤などを使って髪の毛を作る細胞などの働きを活発化させたとしても、髪の毛を作るために必要となる栄養素が不足している状態では作りたくても髪の毛を生成することができません。したがって、髪の毛のもととなる栄養素を豊富に摂取しておくことも育毛を考えたときには非常に大切なことになります。このような髪の毛を作るための栄養素として必須のものにビタミンと亜鉛があります。ビタミンは野菜に、亜鉛は魚類に豊富に含まれています。特に亜鉛はこれがないと髪の毛が作れないという必須の栄養素になります。亜鉛を豊富に含む魚類は意識して積極的に摂取するようにしましょう。
上記で述べてきた栄養素以外でも、例えばゴマには頭皮の老化防止に役立つセサミンが、わかめなどの海藻類はそもそも育毛剤に使われるM-034という成分のもととなっているものでもあります。そして、しいたけなどのキノコ類やイモ類などにも髪の毛に必要なビタミンなどの栄養素が含まれています。
このようにAGAの治療を考えたときはAGAによる投薬治療だけでなく、自分自身での栄養管理も非常に大切になってきます。「孫は優しい」の考え方を意識してAGA治療に取り組むようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です