東洋医学に基づいた育毛マッサージの体験談

自分が試した東洋医学に基づいた育毛法である育毛マッサージについての体験談です。
育毛マッサージに出会う前の薄毛に悩んでいた自分が行きつけの美容院でやってもらっていたのが、ヘッドスパです。
美容院の美容師さんに抜け毛で悩んでいる事を伝えたところ、「ヘッドスパで頭皮をマッサージするのは気持ちいいですし、育毛にも効果があるからやってみたらどうですか」と提案されました。
「それでは試してみよう」という事で毎回美容室に行くたびにヘッドスパをやってもらうようにしました。
たしかに、ヘッドスパはやってもらうと大変気持ち良かったです。
頭皮をマッサージしてもらうというのは本当に気持ち良くて10分位のヘッドスパでのマッサージの間に毎回眠りに落ちてしまう状態でした。
ただ、リラックス効果は十分過ぎるほどだったんですが、育毛効果についてはさほど感じられませんでした。
そんな中、美容師さんにどのようにヘッドスパをやっているのかと尋ねたところ、「髪にいい影響を与えるツボがあってそこを刺激するようにマッサージをやってます」と回答されました。
ツボとして肩こりのツボや腰痛に効くツボといった感じのものがあることは知っていましたが、育毛のツボというものがあるというのは初めて聞く情報でした。
この時に「育毛のツボってあるんだ~」というのが脳裏に刻まれました。

数か月後にふと近所の整体院のチラシにあった文字に目が釘づけになりました。
それは「育毛マッサージやってます」というものでした。
さっそく、お店に入って、育毛マッサージというものについて説明を聞くことにしました。
その時説明された内容や自分で後々ネットで調べた情報をまとめると下記のようになります。
東洋医学では、育毛のツボを刺激するのは抜け毛の予防や育毛に非常に効果的だと言われています。
育毛のツボには頭のてっぺんにある「百会」と眉間から上にあがったところにある「神庭」、うなじの辺りにある「天柱」というツボ等々、様々なツボがありました。
これらのツボを中心に頭皮全体をマッサージして、頭皮の血行を促進して育毛成分を毛根に運ぶというのが育毛マッサージの内容でした。

育毛マッサージの頻度としては、週に1回でも十分効果があるということでした。
そのため、とりあえず週末に整体院に通う事にしました。
料金としては1回40分で3,500円との事でした。
しかし、この育毛マッサージはヘッドスパの時と同様にかなり気持ち良かったです。
しかも、今度は美容師さんではなくマッサージのプロがツボを中心にみっちりとマッサージしてくれるわけでその気持ち良さは極楽にも上りそうな気持ちでした。
最初は頭のてっぺんの百会のツボの刺激から始まり、その後こめかみの辺りのツボを刺激され、うなじの近くのツボのマッサージに移り、そこから全体的に頭皮をマッサージしてもらい最終的には頭蓋骨を締め付けるような感じでマッサージしてもらって終りという流れでした。
毎回、育毛マッサージが始まるとすぐに眠りに落ち、起きたら頭がすっきりして疲れが取れているという感じでした。
仕事の内容上、ずっとパソコンに向かって作業している事が多かったので目もかなり疲れていたようです。
育毛マッサージは育毛だけでなく、疲労回復、特に目の疲労回復にも効果があるという事だったので、こちらの面でも効果が大きかったように感じます。
もちろん、育毛の面でも効果はありました。
まず、育毛マッサージを受けるようになって3週間程したら、抜け毛が止まりました。
それまでは朝起きると枕にびっしりと毛がついていたのですが、その抜け毛が無くなりました。
また、シャンプーの時に毛が抜けることも無くなったので、シャンプーの時もこわごわではなくゴシゴシと洗えるようになりました。
これは育毛マッサージの効果が出た結果だと思います。

しかし、あくまでも抜け毛が止まっただけで、髪が増えるという事はありませんでした。整体の先生に聞いてみたところ、「1~2年くらいしたら髪も増えてくると思うよ」との事でしたが、自分としてはもっと早く効果が欲しいと思っていました。
育毛の観点から言うと、効果に即効性がないというのが不満でしたが、マッサージが気持ち良かったという事もありしばらく通っていました。
しかし、仕事が忙しくなり継続して通えたのは3か月足らずでした。
育毛マッサージに通うのをやめて1か月程度でまた髪の毛が抜けるようになったので、少なくとも育毛マッサージは毛が生えないにしても、抜け毛の予防には役に立っていたように思います。
また、育毛マッサージでは育毛以外にも疲労回復やリラックス効果も得られるため、まさに一石二鳥、一石三鳥の育毛法だと思います。
興味がある方は一度試してみる事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です