成長因子配合育毛剤ディーパー3Dの魅力

現在、その実験により得られた驚異的な発毛成績から注目が集まっている育毛成分があります。
それが、今回紹介していく「キャピキシル」という育毛成分です。
このキャピシル、原材料はアカツメクサ、別名レッドクローバーと呼ばれる自然の植物で、自然の成分が原材料になっている育毛剤です。
このアカツメクサに含まれている「ビオカニンA」という成分と成長因子の「アセチルテトラペプチド-3」という成分の2つを主成分としてつくられたのがキャピキシルになります。
ビオカニンAという成分は男性ホルモンの働きを抑制する事で、男性ホルモンが原因となって発生する薄毛・抜け毛の症状を抑える効果があります。
また、皮膚の中には毛包と呼ばれる毛根を包んでいる部分があります。
この毛包は皮膚の中で毛髪を支えるという役割を果たしているのに加えて、毛髪の生成にも関わっています。
この毛包という部分の構造を維持する働きをするのがアセチルテトラペプチド-3です。
毛包の構造が維持される事によって、発毛が促進される事にも繋がってきます。

キャピキシルが最強の育毛成分として注目を集めている理由はその育毛効果が抜群であるという事はもちろんですが、もう一つの特徴も大きな要因となっています。
それが、他の有名な育毛成分には存在する副作用が、キャピキシルについてはほとんど報告されていないという事です。
今までの育毛剤の使用は少し諸刃の剣のようなイメージがありました。
特にミノキシジルやフィナステリドについては、ある程度の副作用が存在する事を納得したうえで、その副作用のデメリットよりも育毛効果があるというメリットを重視した人のみが使用しているという状態でした。
そのため、育毛治療を行いたくても副作用の存在を懸念して断念するというケースや、実際に育毛治療を始めてから副作用に悩まされてしまうというケースも多くみられました。
しかし、キャピキシルにはそのような副作用の心配がほとんどありません。
そのため、キャピキシルは育毛効果が期待できる育毛成分の中で副作用を心配する必要がないという数少ない成分になっています。

現在の育毛治療では育毛効果に定評のあるミノキシジルを使う事で発毛を促進し、同時にフィナステリドという男性ホルモンの働きによる薄毛・抜け毛の症状の発生を抑える薬を併用する事で、薄毛・抜け毛の症状が進行するのを抑えるという2本柱での対応が行われています。
しかし、キャピキシルについては発毛効果と抜け毛・薄毛防止の効果を両方とも併せ持っているという育毛成分になります。
実際、キャピキシルの発毛効果には非常に注目が集まっており、実験のデータによるとこれまで最強の育毛成分と言われてきたミノキシジルの約3倍という驚異的な発毛成績を残しています。
また、この発毛成績も素晴らしいですが、それに加えて男性ホルモンの働きを抑える事で抜け毛・薄毛の症状が進行するのを抑えるというフィナステリドと同様の効果も持っています。
そのため、このキャピキシルだけを飲んでいれば発毛と言う点でも、薄毛・抜け毛の防止という点でも効果を発揮することになります。

キャピシルを配合している育毛剤の中でネット上の口コミなどで非常に高い評価を得ている育毛剤があります。
それが「ディーバー3D」です。
ディーバー3Dの特徴はキャピシルを配合しているという事に加えて、配合成分に「成長因子」が含まれているという事も挙げられます。
成長因子とは細胞分裂を司るたんぱく質の一種になります。
細胞が分裂し、新しい細胞が作られる際には必ずこの成長因子が必要になってきます。
髪の毛を作り出す細胞には毛母細胞という細胞があります。
この毛母細胞の細胞分裂が止まったり、分裂のスピードが落ちる事によって、抜け毛・薄毛は進行してしまいます。
そのため、成長因子を与えてやる事により毛母細胞の働きを活性化する事が発毛を促進する上では非常に重要になってきます。
この発毛を促進する上で非常に大切な役割をする成長因子を8種類も配合しているのがディーバー3Dになります。
現在、最強の育毛成分と評価の高いキャピシルと成長因子を他の育毛剤よりも多い8種類も配合しているディーバー3Dは非常に効果が期待される育毛剤だという事が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です