ミノキシジルとは何なのか?

ミノキシジルとは何なのか?

ミノキシジルとは何なのか?

非常に優れた育毛実績を誇る育毛剤に「ミノキシジル」というものがあります。
このミノキシジルは本来高血圧の人のために用いられる血管拡張剤として開発されましたが、ミノキシジルを投与された人の体毛が濃くなる等の副作用が発生したために、育毛作用がある事が発見され育毛剤として転用されたものになります。
このミノキシジルを使い始めた段階で発生する問題が「初期脱毛」です。
この初期脱毛という症状はその名の通りミノキシジルを使い始めた初期の段階で多量の毛髪が抜けてしまうというものです。
初期脱毛はミノキシジルを使用し始めて1週間~2週間程度の段階で発生します。
洗髪している時に排水溝が詰まるほどの脱毛が発生したり、夜寝ている時に枕に大量の毛髪が付着したりするようになります。
個人差はありますが、ミノキシジルの使用を始める前の2~5倍程度の脱毛が発生すると言われています。
薄毛・抜け毛の症状に悩んでいる人にこの大量に毛髪が抜けるという副作用は大変ショックが大きく、この副作用のためにミノキシジルの使用を中止する人も見受けられます。

このミノキシジルによる初期脱毛については根本的な解決策はありません。
ただ、大切なのはこのミノキシジルによる初期脱毛というのは薄毛・抜け毛の症状が改善に向かう前には必ず通る必要がある道であり、この初期脱毛の症状が現れたという事は育毛剤が効果を発揮しているという証拠であるという認識を持っておく事です。
薄毛・抜け毛が進行する際は毛髪自体も健康な毛髪よりも細くて短いものになっています。
毛髪が細くて短いため、普通の毛髪よりも抜けやすくなり結果として抜け毛の量が増えてしまい、髪の毛が薄くなるという悪循環に陥っています。
この悪循環を断ち切るために、細く短くなってしまった毛髪をいったん全て脱毛してしまい、健康な毛髪が生えてくるようにしているのがこの初期脱毛の段階です。
初期脱毛は細く短くなってしまった毛髪を脱毛する事によって健康な毛髪が生えてくるようにするための過程で現れてくる現象になります。
この初期脱毛を止める方法は無いため、育毛剤が効いている証拠だという事を念頭に置いてこの時期は我慢するようにしましょう。
とはいえ、薄毛が目だってつらいようなら帽子を着用したり、髪型を変更して対応するようにしましょう。

ミノキシジルは市販の育毛剤にも含まれていますが、様々な副作用等もあり服用には慎重な対応が必要です。
また、初期脱毛の事などについても実際に知識として知っていても自分がいざ経験すると不安な気持ちになってしまう事は間違いありません。
やはり、育毛の治療を行うのであれば専門のAGAクリニックに通う事をお勧めします。
初期脱毛の不安な気持ちも医師に話を聞いてもらうだけでもかなりの部分解消しますし、またミノキシジルを使用するにしても医師から処方してもらう方が副作用の事などを考えると何かと安心する事が出来ます。
また、AGAクリニックでは市販のミノキシジル系育毛剤よりも強力なミノキシジルタブレットというものを処方してもらう事が出来ます。
このミノキシジルタブレットは育毛治療の決定版と言われるほど高い実績を誇っています。
真剣に育毛と向き合い、早期の薄毛・抜け毛の改善を目指すのであれば症状が軽いうちにAGAクリニックを受診する事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です